クレジットカードとデビットカードって何が違うの?

クレジットカードとデビットカードって何が違うの?

クレジットカードは、現金を持ち歩かなくてもお店などで買い物ができる便利なカードです。
そんなクレジットカードと似たカードに、デビットカードというものがあります。
あまり馴染みの無いカードかも知れませんが、デビットカードもクレジットカードと同様に便利に使えるカードです。
デビットカードとはどんなカードなのか、クレジットカードと比較しながら解説したいと思います。
まずはクレジットカードです。
クレジットカードを利用するには、カード会社に申し込みをして、審査などに合格する必要があります。
クレジットカードは、利用料金の支払いが決済をした日ではなく、後日銀行口座などから引き落としになるという特徴があります。
支払いの回数は、一括払いや分割払いなどの中から選ぶことができます。
それに対してデビットカードは、クレジットカードのような審査が無いことが特徴です。
そのため、何らかの理由でクレジットカードが持てない方でも、デビットカードであれば作れることが多いです。
また、利用料金の支払いは、クレジットカードとは異なり、決済と同時に銀行口座から引き落とされるのが特徴です。
支払いの回数は一括払いに限定されます。

ソーシャルレンディングって何?

ソーシャルレンディングは、通常の融資と異なり、貸し手側が個人であることが特徴の金融サービスです。
従来の融資の場合、貸し手側は金融機関や機関投資家といったプロであることが通常でした。
近年、インターネットの普及によって、個人間のお金のやり取りが簡単になりました。
そのことが、ソーシャルレンディングが普及してきた要因の一つになっています。
ソーシャルレンディングは、投資型(もしくは融資型)のクラウドファンディングと呼ばれることもあります。
ソーシャルレンディングでは、仲介業者のファンドなどを通じで、個人間のお金の貸し借りが行われます。
ソーシャルレンディングは、資金の貸し手側、借り手側の双方にメリットがあるサービスです。
貸し手側としては、ソーシャルレンディングは投資の対象になります。
株や国債といった投資先の選択肢が、ソーシャルレンディングの登場によって増えることとなりました。
また、借り手側としては、資金の調達先としての選択肢が増えることになります。
資金の調達先が増えることで、資金の調達が安定化したり、より低い金利で借りられるといったメリットがあります。

質屋に高い利息が認められている理由

あまり知られていないことですが、質屋に認められている利息は金融機関に認められている利息と比べ、大幅に高くなっています。
質屋の上限利息は年利109.5%であり、金融機関の上限利息が年利20%であることと比較すると5倍以上の利息を取ってよいことになっています。
では、なぜこのような高い利息が法律で認められているのでしょうか。
それは、質屋がただお金を貸すのではなく、借主の持ってきた質草を担保としている点にあります。
持ち込まれた質草の価値を鑑定するための鑑定料相当、質草を間違いなく保管するための保管料相当のそれぞれが上限利息に反映されていると考えられています。
また、借り入れ期間が短期であり、金額も少額であることが通常のため、支払う利息の絶対額がそれほど大きくならないであろうことも上限利息が高いことが許容されている理由となっています。
このように、質草を担保に貸し付けを行うという質屋の業務の特殊性から、質屋には高い利息が認められているのです。

今すぐキャッシングができるのはどこ?


  次のページへ>>